« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.29

CSRセミナー

NPOせんだい・みやぎNPOセンター主催の「地域のCSRセミナー in せんだい」に参加してきました。CSR報告書を公表する企業が増えてきました。上場会社の場合は特に顕著です。事例をもとにCSRってなんだ!というテーマのセミナーでした。

キーワードをいくつか
 CSRのCは企業(Corporate)のC ⇒ だから CSR は「企業の社会貢献」と思いがち
 「企業のSR」 から 「地域のSR」へ

 地元中小企業が実施しているSRは意外と多い、でも企業自身もCSRだと気がつかない
 地域に根ざしたSRこそ本当のSR、企業はそのSRを実行してこそCSR
 地域の人に喜ばれる活動がやがてはその企業を支えていくことを認識せよ

 企業が地元のNPOが何をしているか知らない
 NPOも企業がどんなCSRをしたいのかわからない
 この2つをマッチングさせると「地域のSR」が芽吹いてくる

上に載せたキーワードは、ダイバーシティ研究所の基調報告から抜粋です。
事例紹介では、大崎市の「(株)一ノ蔵」と仙台市の「(株)南光台金物」が紹介されてました。地域の活性化に役立つ活動を企業がサポートし、地域の人が企業を応援する様を紹介してくれました。

かなり勉強しないといけないなと感じつつ、これからの企業のあり方、地域NPOのあり方が少し見えてきたセミナーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.18

メディアテークに行く

仙台市に図書館を兼ねた情報メディア等のライブラリーの施設があり、今年の2月にはみやぎダンス の公演を行ったところでもあります。ここの1階のオープンスペースは移動式の巨大な壁で完全に仕切る事ができて、およそ200人弱の規模の座席つきのスタジオにもなります。

2階から上は仙台市図書館のほかに、映像音響ライブラリー(DVD、VHS等の映像等)、美術文化ライブラリー(美術専門図書、国内、国外の展覧会カタログ等)、教材ライブラリーなどが揃えてあり、VHS,DVD、本の貸し出しを行っている。オナジフロアーに数十台のDVDプレイヤーなどが設置してあり、その場で閲覧もできる。

先々週に借りた本を返しに大介と一緒に行ってきました。貸し出し期間は最長2週間になっています。ここのシステムの面白いのが、仙台市関連の8つの図書館ならどこに返却してもよいというものです。

本を返却と同時に今回はDVDを借りてきました。
最初選んだのは「堂々日本史 縄文式土器の...」とうかいうVHSでした。

う、なんで?

よくよく見ると縄文式土器のなかにあのゴーグルをつけたような姿の土偶がビデオの表紙に写っていました。いわゆる「遮光器土偶」でした。
多分、大介にはロボットと映ったのかもしれません。

あるほど!

これはロボットじゃないぞと言って別なものを奨めました。

「すばらしい蒸気機関車」高橋陽一監督、というもので、
C51,C61,D51など、親にとっては郷愁を誘うものでした。
大介は、電車、新幹線、蒸気機関車は大好きです。
えらく、喜んでいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »