« ステージクラス初稽古 | トップページ | ステージクラスの稽古の日 »

2008.10.13

識字障害

10月12日、「みちのくYOSAKOIまつり」を見て、植木市にに行きキンカンの木を買ってきた。天気がよくて大介ともども美味しい、楽しい秋の1日でした。夜は、NHKで鶴太郎さんのガイドで「識字障害」の番組を見ていました。

字の読み(書きもあるらしい)が難しい人がいるのである。10人に1人の割合だそうである。日本人の場合は1人/20人らしいが。左脳の一部がうまく働かない。でもそれを補うように右脳が活性化するため、3D空間認識が人以上に優れていて、建築、美術などの分野で優秀な人がいる。

障害と呼んでいるが、実は20万年前には地球では殆どの人がそうであったらしい。字が発明されたが故のことらしい。これも多様性のひとつであろうと思う。ここでも、人の多様性を認め合い、排除するのではなくいろんな人と一緒になる(インクルーシブ)ことを受け入れるべきだということを言っていると思うのである。

最近はサバン症候群の人のことも放送で取り上げていた。いろんな人が障害者と呼ばれて、社会の一部から排除されていることは、長い目で見ると社会にとってはマイナスであることがあるということも示唆していると思う。これらの障害者を受け入れている社会では、彼らの優れた点を見ることができるが、排除している社会ではそれを知ることすらないからだ。

|

« ステージクラス初稽古 | トップページ | ステージクラスの稽古の日 »

コメント

ご無沙汰しております。
識字障害の方ってそんなにいらっしゃるんですね。
その方々が差別されないインクルージブな世の中にしたいですね。
でもそれだけ多くの人が識字障害となると、識字障害に関しては既にインクルージブなのかなとも思いますよね。
障害だ障害だと言っているから差別されるわけで、そんな事を言わなければ、差別もありません。
少し間違っていますでしょうか?

投稿: Angel RISA | 2008.10.26 11:19

> Angel RISA さん
間違っているかどうかは私にはわかりません。また少なくとも差別とは違うと思っています。
私はインクルーシブの反対は差別とは思っていません。私がよく使うのは、「排除」ということばです。私はインクルーシブとは排除しないこと、即ち、一緒に何か行うことだと思っているのです。
また、「障害」という言葉が差別を生んでいるとも思っていません。「障害」という言葉は、あってもいいんです、仲間からはじき飛ばさずに(排除せずに)一緒に何かを行ってくれるのなら。
よく、障害という言葉自体がなくなればよいということも聞きますが、私はそう思いません。言葉があろうがなかろうが排除は依然としてなくなりません。健常者同士の中でも「排除」があって、それで「いじめ」が起きていると思っています。

大きなことを言うようですが、インクルーシブとは「いじめ」撲滅のキーワードとすら思っています。なんかつまらないことで仲間はずれにすること=排除、これがなくなるだけで、世の中もっと住みやすくなると思っています。

投稿: 大介パパ | 2008.10.26 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77196/42769115

この記事へのトラックバック一覧です: 識字障害:

« ステージクラス初稽古 | トップページ | ステージクラスの稽古の日 »