« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.12

とっておきの音楽祭2010

2010年『とっておきの音楽祭』in SENDAI

《障害のある人もない人も、一緒に音楽を楽しみ、音楽の力で心のバリアフリーを目指す音楽祭》

URL: http://totteokino-ongakusai.jp/

2010年6月6日(日)10:00~17:00 仙台市内の23箇所(248バンド)

フィナーレは仙台市市民広場にて 同日17:30~19:30

2010_1とっておきの音楽祭実行委員会とボランティアで作りあげる 市民音楽祭です。
当日、大介も2つの団体から参加します。
大介の母親も津軽三味線付きの津軽手踊りで参加します。
私はもっぱら写真撮りです。

通年活動する実行委員、当日のボランティアを募集中です。
(実行委員はいつでも、ボランティアは5月18日締め切り)
毎年400人の当日ボランティアがまつりを支えています。

2010_2

今年は10回目で10周年記念イベントがあります。
 ・5月5日 交流ライブ
 ・5月25日 More…Break! 写真・アート展
 ・6月5日 あんべ光俊 い・ぢょんみ 岩瀬明美 前夜祭コンサート
 ・5月23日 映画オハイエ!とっておきの音楽祭チャリティ上映会
 ・6月5日 大越桂 いのちのことば 講演&ライブ
--------------------------------------------------

6月6日は町のかどかどに23箇所のステージをつくり、
1つのバンドが15~25分くらいづつ1箇所で10バンドくらいが演奏します。

楽器、コーラス、ゴスペル、手話コーラス、ダンス、和太鼓、津軽手踊り、フラ、すずめ踊り、...

園児、老人会、福祉作業所、高校生、大学生、サークル、同好会、...

金子みすずさんの詩からとった
「みんなちがって、みんないい」
が 「とっておきの音楽祭」 のあいことば。

「とっておきの音楽祭2010ガイドブック」は5月末に せんだいメディアテーク、仙台市民活動サポートセンターで配布します。
出演者プロフィール、ステージ、出演時間バリアフリーマップ

仙台市で生まれた 手作り市民音楽祭は、栗原市、東松島市へと、
さらには県外でも山形市、秋田市、会津若松市、南相馬市、
そして今年の3月には熊本市でも開催されました。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2010.05.10

ゴールデウィーク、南三陸を楽しむ

5月5日の日に南三陸町の潮騒まつりに出かけてきました。
ゴールデウィーク最後の日なので多少は車もすいているかな思い、大介を連れて親子3人のドライブです。天気は最高、ちょっと暑かったようで、25度を超えていたらしい。

Dscn0120 三陸縦貫自動車道、仙台から行くと利府塩釜ICで高速に乗り(鳴瀬奥松島ICから以北は無料区間)桃生津山ICで高速を降り、東へ行くと、南三陸町。

神割崎のオートP0115キャンプ場でまつりは開催されていました。
先ごろのチリ中部の沿岸部で発生した地震で津波が発生し、三陸海岸がダメージを受けました。その応援も兼ねてのまつりでした。

ホタテ、ウニ、ホヤ、カキ、ワカメなど安く販売されていました。
かなり良心的で、ホタテを2個注文したら、内一個が半分くらい小さかったのでもう一個追加してくれました。3個を3人で食べました。
ワカメのつめ放題やらウニ入りの塩辛など買いました。
あとからニュースで知ったのですが、ウニが早々と売り切れてウニのないウニ丼になってしまったらしいです。

最近メタボ気味の大介は家庭P0119内では食事制限中だったのですが、美味しいあまり親も気を緩めてしまい、家から持っていった弁当にカキやホタテも一緒に、思いっきりほおばりました。実を言うと、弁当は必要なかったのでした。美味しいウニごはん、ホタテごはんなど、お安く売っていたからでした。
 

帰りは道の駅(上品の郷)で、新鮮で安い野菜を買い、アイスクリームなめながらのドライブでした。
実はもう1っ箇所寄るところがあったのですが、チェックが甘すぎました。涌谷の天平の湯(温泉)で湯につかって帰るつもりでしたが、現在は改修中について半年お休みとのこと。残念!

1日で360kmの旅はしばらくぶりでした。多少の問題はあったものの、いい気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »