旅行・地域

2010.05.10

ゴールデウィーク、南三陸を楽しむ

5月5日の日に南三陸町の潮騒まつりに出かけてきました。
ゴールデウィーク最後の日なので多少は車もすいているかな思い、大介を連れて親子3人のドライブです。天気は最高、ちょっと暑かったようで、25度を超えていたらしい。

Dscn0120 三陸縦貫自動車道、仙台から行くと利府塩釜ICで高速に乗り(鳴瀬奥松島ICから以北は無料区間)桃生津山ICで高速を降り、東へ行くと、南三陸町。

神割崎のオートP0115キャンプ場でまつりは開催されていました。
先ごろのチリ中部の沿岸部で発生した地震で津波が発生し、三陸海岸がダメージを受けました。その応援も兼ねてのまつりでした。

ホタテ、ウニ、ホヤ、カキ、ワカメなど安く販売されていました。
かなり良心的で、ホタテを2個注文したら、内一個が半分くらい小さかったのでもう一個追加してくれました。3個を3人で食べました。
ワカメのつめ放題やらウニ入りの塩辛など買いました。
あとからニュースで知ったのですが、ウニが早々と売り切れてウニのないウニ丼になってしまったらしいです。

最近メタボ気味の大介は家庭P0119内では食事制限中だったのですが、美味しいあまり親も気を緩めてしまい、家から持っていった弁当にカキやホタテも一緒に、思いっきりほおばりました。実を言うと、弁当は必要なかったのでした。美味しいウニごはん、ホタテごはんなど、お安く売っていたからでした。
 

帰りは道の駅(上品の郷)で、新鮮で安い野菜を買い、アイスクリームなめながらのドライブでした。
実はもう1っ箇所寄るところがあったのですが、チェックが甘すぎました。涌谷の天平の湯(温泉)で湯につかって帰るつもりでしたが、現在は改修中について半年お休みとのこと。残念!

1日で360kmの旅はしばらくぶりでした。多少の問題はあったものの、いい気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.17

中国に旅行に

中国にはいままで2回ほど行ったが、国土が広すぎて、まだまだ見たいところがたくさんある。

過去に一緒に行った人たちと年1度会っている。早く言ってしまえば、懇親会だ。最初中国に行ったのは平成7年だから、もう10年を越える。気があった仲間たちだ。来年行こうよ、ということになっている。

今回は、九寨溝あたりに行きたいと思っている。長江の上流、四川省だから、多分、辛い食事がメインになること間違いなしだ。オリンピック終了後に行きたいな。今から、計画を立てるの楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.04

もみじ狩り

最近、もみじみてないことが気になっていた。11月3日ではもう遅いかもしれないと思いつつ、しばらくぶり紅葉を目当てに大介と親子3人で鳴子方面に向かった。途中、国道4号線の大和町から陸羽街道で色麻、中新田に向かい、岩出山から国道47号に出たとたんに、渋滞だった。のろのろでいつになったら鳴子に着くのやら、いらいらし始めていた。と、見上げると花山青少年の家の看板を見たとたん、「おいっ!花山にいくぞ!」と簡単に方針変更してしまった。Img_1303
さすが、こちらは車は空いていた。快適なドライブ環境に変わっていた。しかし、花山湖の紅葉はいまいちで見るべくもなかった。ちょっと足を伸ばし、温泉に行くことにした。じつは、最初の出掛けから温泉の用意はしてきていたのだった。温湯(ぬるゆ)温泉といっても佐藤旅館ではなく、温湯山荘のほうである。ここまでくると、いい景色を堪能させてもらった。写真は歩いて温泉まで行く途中の風景である。よい色に色づいていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.21

道路のメルマガ

メルマガばやりの今日この頃ですが、道路の旅の好きな方むけのメルマガを紹介します。
http://www.thr.mlit.go.jp/sendai/melmag/index.html
国道の道路管理者である仙台河川国道事務所が発行している道路利用者向けのマガジンです。と聞くと、近づきがたいと感じてしまうのですが、みてみると結構楽しめます。道路にまつわる歴史的スポット、観光地、道の駅などのを紹介しています。道の駅ならではの限定品、土地土地の名物、新鮮野菜販売などなど。ところで「とるぱ」や「もしもしピット」って聞いたことありますか?紹介されています。ここからの景色は抜群!という場所を「とるぱ」と、電話を掛けるのに一時停車する場所を「もしもしピット」と呼んでいます。また開通予定の道路、高速道路、インターチェンジも紹介しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.11

甲子温泉

Daikoku_19月9日、10日と甲子温泉に行ってきました。福島県の白河の西に45Kmほど行った山間にある温泉です。大黒屋に泊まりました。日本秘湯を守る会の会員の温泉です。国道289号線の西白河郡西郷村から会津の田島町へ抜ける道沿いにある温泉です。Syokuこの国道は大黒屋の玄関口のところで通行止めになっています。通行止めといっても、歩く人ではなく車ですが。玄関前からは登山道になっています。登山口になっているわけです。実は今ここでは国道工事が行われておりトンネルが貫通したばかりです。実際に車で田島まで行けるようになるのは平成20年頃だそうです。下の写真は国道289号で大黒屋の玄関前の道路がそれで、奥に見える門のような建物からは登山道になります。Rt289

 松平定信公が度々やってくるような由緒ある温泉だそうです。泉質は、カルシウムを含んだ、無色透明で無臭です。鉄分も多く含んでいるそうです。下流のほうが鉄分は多いようで、新甲子温泉「みやま荘」では鉄分が湯船の脇や底に蓄積して伝分特有の赤みを帯びていました。
Ashi 会社の親睦団体「温泉同好会ほっと」では毎年1回温泉に出かけます。出かける温泉は「秘湯」に限ります。20代から60代まで幅広い会員で構成しています。夏油温泉、泥湯温泉、姥湯温泉、大平温泉、乳頭鶴の湯、高湯温泉、湯の倉温泉、それに今回の甲子温泉などに行きました。東北の温泉だけですが、半分も行っていません。秘湯と呼ばれるところには全部行ってみたい気がします。

| | コメント (2)