« 2006年1月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.30

山海塾『ひびき』見にいくぞ!!

山海塾が16年ぶりに宮城県にやってくるというので見たいと思った。
9月2日(土)19:00~20:30 えずこホール(宮城県大河原町)ひびき
みやぎダンスは、山海塾の岩下徹さんのバックアップをいただいている。その岩下さんの所属する山海塾の公演は日本よりも海外が多いので日本ではなかなか見られない。このチャンスを逃したくない。
という訳で行くことにした。チケットは仙台では、サンクスかファミリーマートで手に入れるしかない。お恥ずかしい限りであるが、コンビニでのチケット購入は経験が無い。会社帰りに、最初にサンクスに行き店員さんに山海塾の『ひびき』の公演、えずこホールで9月2日と言ってチケットは販売するマシンの操作をお願いした。
ありません!と言われた。演劇で探してくれたようで、『11/20二兎社「書く女」』はありますが『ひびき』はありませんとのことだった。次に自宅近くのファミリーマートに行ってみた。演劇で探すとやっぱりない。ダンスで探してみてと言ってみた。有りましたのとの答え。
今更ながら、演劇で出るわけないのだ。ダンスだよ!。みやぎダンスを考えたらやっぱり形は演劇ぽっいがダンスでしょっ。後で妙に納得してしまったのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.29

やなニュースばっかり

最近、ほんとにニュースを見たくなります。
殺人のニュースのない日はないもんでしょうか。毎日毎日、どこかかしこで誰かの亡くなった話が切れ目なく続いています。親が子供を死に追いやり、子が親を殺し、車が海に落ち、飛行機が事故で50人ものひとが一緒に亡くなり、新聞紙はいつもこの手のニュースに事欠きません。
もうこんなニュースはこりごりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.08.27

ありがとう、2日間の公演おわりました。

みやぎダンスの第4回ステージクラス作品「Keep On」とカンパニークラスの「p」無事終了しました。公演が始まる前までは何人入るかが不安で不安で仕方ありませんでした。3回の公演(26日13時、26日18時、27日13時)で計300人が来場して観劇していただきました。ほんとうにありがたいことでした。昨日同様今は、足がしびれてダルイのです、眠いのです。もう寝ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

公演初日、つかれたっす!

なにか書こうと思うのだが、疲れていて書けません。全身にけだるさが蔓延しています。特に土踏まずあたりがびりびりとしびれています。明日のためにはよねよう。といってももう今日だが。作品「p」を見てるとそれどころじゃなんだよとそう思う。ありゃーハードじゃわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.25

公演間近

いよいよ、近づいてきました。ダンスパフォーマンスのステージ公演は8月26日(土)と27日(日)です。小屋入り、ゲネプロ、テクリハとキャストは最後の追い込みに熱が入ってきました。本日、公演前日の25日はフロント廻りのセッティングも始まります。
フロントにはいろんな仕事があります。当日券の販売、予約券の手渡し精算、手荷物あづかり、楽屋見舞い受付、チケットもぎり、パンフレット手渡し、アンケート回収、客席誘導、客の出し入れに関する舞台監督との連絡...
とにかくがんばらねば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.23

中国茶のみテー!

最近、行きつけの、中国物産店というお店が移転してしまった。今までは会社から100mくらいのところにあったので昼休み時間や夕方6時ころ残業時間内をぬってお茶を買いにいけたのです。1km以上離れた場所に移転しました。お陰でお手軽に中国茶を手に入れるところがなくなってしまいました。
一番よく飲むのは凍頂烏龍茶、体力が落ちてるときは人参烏龍茶、口直しに苦丁茶、気晴らしに金萱茶、熱湯で入れたプーアル茶を冷やして飲むのは真夏には最高だ。ぴゅーるちゅん、ろんじんちゃ、東方美人茶、桂花烏龍茶は最近飲まなくなった。食わず嫌いか、ジャスミン茶は殆ど飲まない、中華料理の番茶みたいだからかもしれない。
ちょっと高い買い物になるかもしれないが、注文しかないかなーと思っているこの頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.21

もぎたてヤサイ、うまっ!

自分でやさいを作ると、うまい!、ほんとにうまい!
こないだ、エダマメを収穫した。取ってすぐゆでた。農家の出ではなく、経験もない私がつくるヤサイなど専門家のつくるものに比べられるわけもない。でも、店から買ってきたのと比べると、甘いのだ、柔らかなのだ、口あたらりがやさしい。売っているものより、色も、形も悪いのだが、食べるとおいしいのだ。
今年は天候不順でヤサイには最悪の気候である。カラッと1日中晴れた日は仙台ではほとんどない。長雨で、腐ったヤサイも多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.20

いよいよ来週は公演だ!!!

今日は、最後の稽古日でした。
いよいよ、来週土日の26日、27日に、141ビル6階のエル・パーク仙台ギャラリーホールで公演です。という訳で、来週は1週間大忙しの時になりそうです。小屋入り、ゲネプロ、公演当日まで火曜日から日曜日まで準備・手配、お手伝い、ボランティア集め、役割ふり、舞台監督との手順の調整・打ち合わせ
公演当日、私はフロント廻りのお手伝いです。客入れ、当日券売り、もぎり、入場案内、楽屋との連絡など、お客様対応全般がお仕事です。
楽屋入り口の閉鎖も仕事のうちです。キャストが勝手に表に出てくるのを留めます。また、楽屋見舞いをお断りするのも仕事です。
2日間立ちっぱなしだと、60歳間近の老体には厳しいものがあります。でも、結構楽しいんです。いろんな発見、出会い、ハプニング、普通ではとても経験できないようなことたくさんあります。お手伝いしてくれる方がいませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.19

みやぎダンス公演です!

8月26日(土)と27日(日)は、みやぎダンスの公演です。Keepon125
第1部 Keep On (ステージクラス第4回作品)
第2部 p (カンパニークラス)

【Keep On】
アウシュビッツの過酷な環境下を生き延びた人々がいる。想像を絶する、いかなる状況の中でも、生き続けようとする「意志」を持った人たちであった。生きることの意味をダンスパフォーマンスで表現しました。
世界的舞踏家の岩下徹さんを交え、22人の健常者と障害者が、稲垣達也さんの演奏とHOU(ヒュー)さんのボーカルが創り出す舞台です、是非ともをご覧ください。みやぎダンスの活動はすべて、「インクルーシブ」です。
【p】
人間の持ついろんな側面をダンスにしました。北村成美さんの振り付けで13人の健常者と障害者が、稲垣達也さんのピアノで踊ります。人間のひとつの感情を表現します、その動きが新しい動作を生み出し新しい表現が現れます。その動きがまた次の人間の別の側面を創り出すように連綿と続いていきます。
みやぎダンスのプロ集団として、カンパニークラスが生まれました。カンパニークラスが世に問う作品です。これも「インクルーシブ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつのまにやらブログがおおはやり

みやぎダンスにちょっとでもかかわった人たちが知らぬまにブログを始めています。

NUさん、ちゃいさん、ピコモさん、ミのじさん、enaさん、しばわんさん、しげやんさん...

私がしらないだけで、もっとやっているかもしれない。でも、ここにあげたひとたちは、なぜかみな女のひとたちです。パワーがありますねー。それにひきかえ、男のわたしゃー、半年も休んじゃっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年9月 »