« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007.03.26

ONE+LOVE WORLDを見て

 3月25日(日)仙台から代々木まで田舎もんが出かけてきました。天気予報は最悪、中止になるかもしれないという状況の中、祈るような思いで新幹線に乗りましたが上野近辺でもまだ雨が上がっていませんでした。それに加えて、石川県の方で大地震があったののことで東京、上野駅あたりが新幹線も渋滞していました。JR有楽町まで行き、地下鉄千代田線日比谷駅に乗り換え代々木公園に着いたときやっと雨が上がっていました。大介も新幹線に乗れると思い文句も言わずに嬉々としてついてきてくれました。

P3250012  開催に先立ち、ニューヨーク「米国法人野口英世記念財団」からこような活動に対して表彰状が送られるセレモニーがありました。スタートは牧野アンナさんの開会挨拶で始まり続いてLOVE JUNXのダンスでスタートしました。第1部、第2部は、出演団体のそれぞれのパフォーマンスが披露されました。神風、EGU-SPLOSION、PaniCrew、無名の心、DA PUMP、ソカフリカンユニット、LOVE JUNX Kids。全体がヒップホップ、ブレークダンスを中心にしていたのに対して、ソカフリカンユニットはアフリカンダンス+ソカ(カリブ海トリニダードトバコのお祭りの歌らしい)のとてもセクシーなダンスを見せてくれた。とても動きの激しいダンスではじめて見た。無名の心、これは一風変わったブレークダンスで、2人組み。間の取り方、動きの流れ方、それらが、テンポが今までのものとは違った新鮮味のあるダンスだった。DA PUMPはダンス+歌で会場を魅了していた。特に、会場を訪れた一般のお客さんからも盛んに声援が届いていた。

LOVE JUNXからたしか3チームが参加していた。キッズだけのチームも名前はわからないが「ちびすけ」が見事にブレークしていた。それから男4人と女4人のチームもあり、それぞれに楽しく踊り、観客からも声援、応援が飛んでいた。飛びぬけてうまい子、それを追いかけるようにうまい子、更にそれに続く子供たち、少しづつ皆がステップが上がっている様を見せてくれていた。

 第3部が、エキゼビションバトル?みたいな呼び方をしていたが、神風、PaniCrew、DA PUMP、LOVE JUNXなどが2手に分かれて、ダンス合戦をする。Aグループが踊り、さあどうだといわんばかりに。Aが終わるとそれに対抗してBグループがダンスで相手にこれみよがしに対抗意識丸出しで踊りかかる。それが終わると更に今度はAが挑む、これを延々と繰り返す。ここではインクルーシブが見えた。ひとつのグループはLOVE JUNXメンバーと健常者の混合チームだ。即興ダンスだ。何を踊るか予め用意はされていない、まさに、即興のダンス合戦である。みやぎダンスでもそうだが、障がい者は即興性においては、健常者に負けていない、むしろ即興芸術性は凄い。

P3250010_1  全体を通じて感じたこと。障害者がもつ能力は健常者のそれに引けを取らない。運動性だけでなく、高いの芸術性すら持っている。それは、健常者が今まで築いてきた芸術という概念を飛び越えた新しい芸術性だ。牧野アンナさんの言葉を借りれば「NE+LOVE WORLD」のミッションは、健常者のみなさんにも、ダウン症の子は健常者に劣らぬ能力のあることを知ってもらうことだと思った。更に私が望むのは、ダウン症をはじめとする障がい者の親が、もっと我が子の能力を知って欲しいということだ。今回参加していた親たちが盛んに、凄い!、素晴らしい!、何だってできるんだ!と盛んに褒めて拍手を送っていた。これもこのイベントの大きな成果と思った。親は意外と過小評価して、こなことうちの子にはできないよ、あの子は特別なんだよ、と思っていることが多い。これは、子供の能力をつぶしていることになるんだということを、もっと多くの障害者の親に知ってもらいたいと再度思った次第でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.22

春彼岸

お彼岸の中日です。いつものように、福島県は郡山市へ、お墓参りです。天気は上々、風は少し寒かった。車中は暑いほどの陽気でした。

P3210023_1

宮城県と福島県との県境からしばらく走ると正面に吾妻連邦が見えてくる。吾妻小富士の雪は少ない。吾妻山名物のウサギの形(一切経山の右下の残雪の形がウサギに似ている)も見え始めています。また、吾妻山の南側(写真の左側)には安達太良山も見えている(下の写真)。例年より雪が少ないのがよくわかる。この夏は、水不足が心配だ。

P3210027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.21

大介サプライズ、そして感謝。

大介は、登社拒否は今も続いている。土曜日ごとに私が連れて行く日だけは車で行くせいか行ってくれている。でも、作業所でダンスの練習があるというと実は出かけていくことが分かった。ただし、本日の話は、この話題ではない。

先週土曜日(3月17日)に作業所へ車で送って行った。帰りはいつも通りに歩いて帰ってくる。1km程度の距離を30分以上かけてゆっくりと(だらだらと?)帰ってくる。どうやら、その帰り道で財布を拾ってきたようだ。現金で約1万円と電車の定期券、そのた各種メンバーズカードが何枚か入っていた。持ち主は高校生のようである。

翌日、交番に届けに行ったら、まだ落とし主からの連絡はないようだった。月曜日になってから、若い男の子から家に電話がかかってきた。どうやらその財布の持ち主のようだった。高校に通っている15歳の子だった。通学路や学校などを必死に探したが見つからなかった。そして交番に行ったら、届いてますとのこと。いい人に拾っていただいたと大変感謝された。その子のお母様からも、たいそう感謝の言葉をいただいたと聞いた。

最近、いろんなことで、大介は、私ら親に、サプライズを与えてくれる。いい子を授けてもらったと思っている。私ら親に、人生の喜びを沢山与えてくれている子だと感謝もしている。一時期とはいえ、世を恨んだこともないと言えば嘘になるが、それは本当にバチあたりな考えだということに思い知らされた。

親として、大介には、たいへん感謝している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.20

またまた、凍頂烏龍茶、中国茶

中国茶を飲み始めて3年くらいになる。何種類かのお茶をためしてみたが、やはり一番のお気に入りは、「凍頂烏龍茶」である。(前にも似たようなこと書いていた) 口当たりが良く、香りもほんのりと甘くやわらかい、ずーっと飲んでいていても飽きがこない。

始めの頃、面白がって飲んでいた、金萱烏龍茶や桂花鳥龍茶は刺激的だが、やはり続けて長くは飲みにくい。飽きが来てしまう。しかし、たまに飲むのは、これはなかなか捨てがたい面白い味ではある。桂花鳥龍茶はキンモクセイの実を乾燥させて烏龍茶にまぶしていて、まさにキンモクセイ茶そのもだ。季節(秋)に飲めば、強烈な香りもそれほど感じないが、旬以外ではきつい香りに思えてしまう。やはり、思いついたら飲んでみるというお茶の部類だ。金萱烏龍茶は、桂花鳥龍茶とは違い後から味付けをしていない、にもかかわらず強烈なミルクかバニラのような芳香が特徴だ。自然栽培でこのような香りが付くこと自体、驚嘆に値する。

凍頂烏龍茶以外でも、飲み続けていて、飽きないのが、プーアル茶だ。2リッターほどをヤカンでつくり、水筒にいれて、飲んでいる。少し薄めにいれるのがこつだ。夏はヤカンを水につけて冷やせば飲みやすい。水筒に氷など入れて飲むがいい。冬は熱いお茶、夏は冷えたお茶、麦茶代わりに飲んでいる。すっきりした飲みごごちだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.16

Windows Vista ドライバ

ノートPCにVistaがうまくインストールできなかった原因が判明。
液晶のディスプレイ用のドライバがVista対応でなかった。Vista対応のMOVILITY RADEON 9700のダライバを探して見ることにした。

これが動けば、デスクトップPCもVistaにできる。
Vistaは、今、デスクトップで動いている。もともとデスクトップはx64で動かしたかった。今はx32で動いていると言うわけ。

ただ、Vista x64がうちのデスクトップで動くかどうかは不明。
Vistaのx32の互換性チェックソフトはOKだが、x64だともっとハードルが高そうである。

この辺が動き出したら、また報告しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.15

告知「世界ダウン症の日」開催

大阪、東京で、世界ダウン症の日「ONE+LOVE WORLD vol.2」 が開催されます。
【大阪 3月21日 12時~16時】
【東京 3月25日 12時~16時】 
 

ダウン症児者達と歌やダンスを通して実際に触れ合って誤解や偏見や壁をなくしたいと言う気持ちで開催します。


世界ダウン症の日「ONE+LOVE WORLD vol.2」

※全出演者、イベント趣旨に賛同してくれたボランティア出演です。リスペクト
かなり豪華な出演者陣です!!!!


両会場観覧無料(万博公園への入場料は250円必要です)

【大阪 3月21日 12時~16時】
@万博公園お祭り広場
■LIVE
PaniCrew
RSP
Lead

■GUEST DANCE SHOW
LOVE JUNX
D'OAM CREW
プリンケツプリンケツ
神風(From東京)
LOOSE SHUFFLE
パワフルエンジェル

■EXHIBITION BATTLE
PaniCrew+Lead vs LOVE JUNX+神風+琉球の風なの?
South Jam Session vs AIR REAL+C4+TREFOIL

【東京 3月25日 12時~16時】 
@代々木公園野外ステージ
■LIVE
PaniCrew
DA PUMP

■GUEST DANCE SHOW
LOVE JUNX
神風
無名の心
EGU-SPLOSION
ソカフリカンユニット

■EXHIBITION BATTLE
PaniCrew+DA PUMP vs LOVE JUNX+神風+琉球の風なの?

↓↓ 詳細 ↓↓ 

ONE+LOVE WORLD公式ホームページ 

知らないという事が誤解や偏見を招く。
だから知ってもらいたい!
みんなイキイキと自分の夢に向かって一生懸命がんばってる。その姿はとても輝いていて、きっと来てくれた人たちの胸に何かを残すはずです!
素晴らしい才能を持った子がいっぱい!!!
実際に足を運んで観てもらいたいと思ってます。

健常者とか障害者とか、そんなくだらない壁なんかぶっこわしてみんなで一緒に盛り上がりましょう!

宜しくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.13

畑仕事

P3100009

土曜日(3月10日)久々に天気がよくて畑に行ってきました。10坪ほど農家から借りています。畑は大体3月から始めます。写真の手前側には、去年のハクサイ、キャベツの残骸が少し残っています。春に暖かくなってくると、アブラナ科の野菜(ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、チンゲンサイ、コマツナ、ダイコン、タカナ)は一斉に菜の花へと変身していきます。なんか春には黄色い花が多いような気がします。フクジュソウ、ヤマブキ、タンポポなどなど。

晩秋に蒔いたソラマメが土の中からチョコンと芽を出していました。梅雨前には収穫します。この日はサヤエンドウを蒔いてきました。これもソラマメと同じころ収穫します。タマネギは去年の9月ころ種を蒔きました。今15~20cm位に伸びました。

家の端の方に1坪程度の小さな空き地があって、ここでも野菜を作っている。ここでは、今、ホウレンソウとクキダチが大きくなり始めている。去年の冬に蒔いていたが、大きくなれていなかったが、これからは伸びていきそうだ。

P3030003 P3030004

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.06

インクルーシブアートの日その2

【鼎談】では、第1のハードル、第2のハードルについて3人で話が始まる。

第1のハードルを克服するということが、このIANS-netの目的である。また、先日開催されたアクセツアーツフォーラムでも、障害者を含んだ活動をしている全国の106団体が紹介されている冊子を発行した。誰でも気軽に参加できる「とっておきの音楽祭」が日本全国の各地で開催されるようになってきた。これらは同じ目的の活動であり、誰でもが自分にあった好きなアートを簡単に見けられて、楽しみたいという思いを実現する活動である。このように第1のハードルの克服する活動が芽吹き始めている。

第二のハードルは持続的にアートを創造し続ける環境を整えることです。というのは、第1のハードルを越え始めると、質の高いアートがでてくるようになりますが、質の高いアートを継続的に生み出し続けること(即ちアーティストを育成すること)が、なかなか困難です。しかしこれを国がバックアップする体制をEU諸国ではすでに実現しているのです(八巻さんの基調報告)。日本ではこれがありません。

でも、国レベルでないのですが、稲垣さんの活動報告には、NPO法人オハイエ・プロダクツが、音楽アーティストを育て・支援する体制ができ始めていて、何人かのプロを送り出している事が紹介されていました。また、定行さんの報告では、NPO法人みやぎダンスでは、カンパニークラスを昨年から創設し、質の高いダンス・パフォーマンス・アートを継続的に生み出す活動を始めました。これらの活動がインクルーシブであること、障害者を含めた活動であることを強調していました。まさにインクルーシブ・アートの可能性を広げ始めてきた証拠でもあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

インクルーシブアートの日

午前中は、「音楽を楽しむ」、「ダンスを楽しむ」という2つのインクルーシブな体験ワークショップがあり、午後からは(財)仙台市市民文化事業団10-BOX工房長の八巻寿文氏、とっておきの音楽祭SENDAI実行委員長の稲垣達也氏、NPO法人みやぎダンスの理事長の定行俊彰氏による1人20分程度の基調講演、それを受けて3人の鼎談、最後に参加者を巻き込んだディスカッションという内容ですすみました。

冒頭の説明。インクルーシブな活動をしている2つの団体、NPO法人オハイエ・プロダクツとNPO法人みやぎダンスが責任団体として、財団法人仙台市市民文化事業団が共催の形で活動を支援していただき、松下電器産業の助成もあり、IANS -netを作ることにした。IANSとは、Inclusive Art NPO Sendaiの頭文字をとったもので、緩やかに結びついたNPO団体の連合体といったものである。その目的は、インクルーシブな活動を行っている日本全国の団体の中から自分にあった団体を探し出すことのできるシステムをインターネット上に構築することである。

【基調報告】

八巻さんからは、10年前ベルギーを訪れたとき受けた衝撃を話す。芸術に限らずいろんな学校が、障害者にも一般市民にも開かれていて、誰でも入学ができる。そこには必ずプロの指導者いる。そのプロの指導者は国が生活を補償する。この中から著名な賞をもらうようになる障害者もいる。日本にはこんな仕組みや制度はあるのだろうか。やりたいと思っても障害者は殆ど門前払いが日本の状況である。だから、日本では、インクルーシブという観点、視点は今とても大事なんだ。この日本でインクルーシブを始めることに大きな意義がある。

稲垣さんは、2001年「とっておきの音楽祭」を仙台に立ち上げた。町の方々のストリートにステージをつくり、1団体30分程度の発表会を1日中市民の前で演奏する。歌あり、踊りあり、演奏ありで、誰でも参加できる。うまい、下手は二の次、人前で発表することが目的だ。約200のグループ・個人がステージに立つ。もう6年目になる。この中からプロの音楽家が育っている。昨年は、仙台市以外の町でも、宮城県以外の町でにも広がってきました。2007年には横浜市でも開催を計画中とのこと。稲垣さんはまた、NPO法人オハイエ・プロダクツ(理事長)も立ち上げた。障害者だけでなくマイノリティの社会活動を支援するNPOである。プロの音楽家になることを支援している。

定行さんは、インクルーシブダンスを事業目的としたNPO法人みやぎダンスの理事長である。始めにみやぎダンスの内容を説明し、その活動経験を踏まえて「アートには、包容力があり、誰をも取り込みかつ包含してしまう力がある」という話をした。次に、インクルーシブなアート活動をし続けるには2つの大きなハードルがあるという。一つ目のハードルは、どんな人でも自分がしたいと思ったときに、アートを楽しめる環境がすぐには見つからないということ。しかしこのハードルをこえたとき、中からいくつか質の高いアートが生まれてくる。更に、質の高いアートを持続して提供できる人、即ちアーティストを育てあげるところが2つ目のハードルである。これにはプロの指導者あるいは側面をサポートするプロも必要である。これが手短なところにいないということである。日本でも、オハイエ・プロダクツが音楽の分野で始めたところです。

鼎談以降については、「インクルーシブアートの日その2」を参照のこと。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.03.02

ダウン症のプロダンサー

待寺優君、プロのダンサーになったダウン症の子がいる。テレビ放送になったものをDVDにとったものを見せてもらった。最初に目に付いたのは、筋肉隆々たる立派な身体、ダウン症の子を見慣れた者には驚きである。その筋肉が物語るようにストリートダンスを見事に踊る。リズミカルに、そしてしなやかに。十分なスピードを持って、その全てが驚きであった。その体を作るために筋トレも欠かさない。目標に向かってひたむきに努力する一人の人間としてしか見えない。もうそこには障害者などという説明はもう必要ない。まさにプロである。回りのダンサーも彼を障害者などという風にはみていない。自分がプロなら、相手もプロ、プロとプロとが対峙しているだけ。

親の葛藤も見せてくれた。親は心配する、プロの道は健常者でもつらいもの、それを障害者が克服していけるのかと。プロは逃げ出すことは許されない、結果を出さなくてはならない。そんな過酷な環境にこの子を入れてしまってよいものかと。悩みながらも、親は決断する、子がやりたいというものを応援しようと。

みやぎダンスの公演を見続けてきて私が感じたことがある。最初の舞台、2度目の舞台くらいまでは、私は自分の子しか見えていなかった。撮影したビデオを見ても、わが子中心に撮っていて、とても他人様には見せられたもんではない。しかし3回目、4回目となってくるに従い、自分の子を追っていない自分に気がついた。すでにそこで私は舞台を見る一人の人間になっていた。後でビデオを見て初めて自分の子が舞台にいたことに気がつく。自分の子供がどこにいるかではなく、舞台のダンスパフォーマンスがどうだったのか、感動があったか、よかったのかを見ている自分がいた。作品としてどうたったのかをみつめていた。

優君がプロとして成長すればするほど優君がどうだったかのではなく、優君が出た作品がどうだったのかが問われてくるだろうと思う。客は彼を見に来たわけではなく、作品を見に来たのであり、観客が作品をすばらしいと感じたとき、その作品を演出した一人としてのプロの優君の存在が生きてくるような気がする。

DVDを提供していただいたファンタジアさんとその旦那さんにお礼申し上げたい。そして、そのDVDのコピーを自宅に配送してくれたカメさんにも感謝したい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.03.01

みやぎダンスの夢

最近、みやぎダンスの将来像、中長期の目標が見えてきた。来年の舞台作品は第5作品目になる。第6作品目あたりでイギリスのインクルーシブダンスのカンパニーを日本に招聘して、みやぎダンスの作品と一緒に2本立て公演をする。その翌年あるいは翌々年には、みやぎダンスの作品を持ってイギリスに行き、合同の公演をする。その後、仙台にて日本のインクルーシブダンス団体を集めてインクルーシブダンス日本大会を開きたい。この辺までは、みやぎダンスのホームページで公開している情報だ。

実は、日本のいくつかの都市から、みやぎダンスに公演してくれないかという要請が来ている。呼ぶほうでもお金がないのでなかなか実現が難しい。今まで、東京、福岡、大阪、山形で公演をしてきた。これらは殆ど、いわゆる買い取り公演なのでできたといってよい。照明、音楽、振り付け、舞台監督などプロの人にお願いしている。ひとつの公演で、スタッフも入れると30人程度の構成で、3、4泊かかる。

香港でアジア大会を開きたいという話も持ち上がっているらしい。できたら参加したい。インクルーシブ活動をしているところがまず連携する。そのネットワークを、国内、国外に広げていく。かなり夢的なところだらけの計画である。意気込みだけはこれら全部をやろうとしている。

賛同していただけるなら、応援していただきたいと願っている。夢だけは大きいので、実現すれば、喜びもひとしおとだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »